こだわりの印鑑とは、長年の仕入の中で、これはいい、自分が持つならこんな印鑑がほしいと思える一本です。
今回は、20年前に仕入た象牙です。当時、八方印と呼ばれていました。
印面は丸ですが、もち手部分が八角形になっております。
捺印する時の握った感じが絶妙で、これぞ日本の職人技と言えるでしょう。
この象牙八方印は、多数仕入れた中で象牙特有の網目の美しさや仕上げのよさがあまりに素晴しく、今まで店頭に出していませんでした。
それは「この店で一番よい印鑑は?」とたずねられた時にお見せする為の
印鑑でした。


この一本を納めるケースを選ぶなら、この伊万里焼のケースしかないと思います。
焼き上げて金具に合わす。職人技が光る逸品です。
源文堂が自身をもっておすすめするこだわりの印鑑、特上象牙八方印と伊万里焼ケースはいかがでしょうか。

印相体
特上象牙八方印(15mm丸)と伊万里焼きケース
180,000円(税別)
[ご注文、お問合せ]